オリジナルオンデマンド教材屋さん

テクスチャは次世代型オンデマンドテキストや
オリジナル教材の開発・製作・買取をおこなう
教材特化型新教育プロジェクトです

もっと詳しく

About Textya

Textya™(テクスチャ)は、教師・教育者集団HE&ROが企画運営する教材特化型プロジェクト、オリジナル教材・オンデマンドテキスト開発・製作・買取をおこなうTextya.orgおよびそこから生み出される教材の総称です。

今までは教材というと本屋さんや通信販売で購入するイメージだったと思いますが、一般的な本と教育教材とでは、生徒が直接書き込みやり込むという明確な違いがあります。同じ問題を何度もやり込むためには2冊目を購入しなければならなかったり、そうなるのを恐れて別冊のノートに記入したり、学校や塾でならばコピーして「プリント化」することで1冊を何度も使い込むことができるのですが、一般家庭では簡単ではないでしょう。タブレット端末等で演習をおこなうケースも増えてきましたが、やはり紙に鉛筆で書き、願わくば1ページ1ページ1枚1枚と進捗の達成度が感じられるのが、学習を続けていくコツでしょう。テクスチャは可能な限りプリントでお手元にお届けすることで「なにも気にせず思い切り書き込める教材」を保持していきたいと思っています。

また、一般的に本屋さんで問題集を買うとなった場合、そこには「必要のない問題」も含まれているはずです。必要だと思われる数ページ数問のためだけに、問題集を1冊購入しなければならないのは、経済的にも環境的にも良くはありません。なによりも、その問題集を手渡された生徒の心情を考えたとき、本当は数ページのはずが1冊分の文字通り重荷になってしまう上に、たとえ必要な数ページを解き切ったとしても、1冊分の数ページということで充分な達成感を得られません。1冊の中の3ページなのか、プリント3枚中の3枚すべてなのか、そういった小さな心理が子どもの学習を支えます。

テクスチャが掲げるオンデマンド教材は「必要なところだけを、何枚も購入可能」な状態にすることによって、無駄な購入をする必要がない、経済的にも環境的にもSDGsなプロジェクトを目指しています。なによりも無駄をなくすことによって、必要なものだけを子どもに示すことができ、そこにどんどん思い切り書き込み、どんどん紙を汚していくことで、まるで走者のランナーズハイのような、学習者のラーナーズハイが訪れる、そんな子どもにとって本当に勉強しやすい学習環境の実現を重視しています。

テクスチャではその教育理念に従い、教材開発・製作に限らず、様々な教材や学習支援事業を展開しています。また、テクスチャ創設のもうひとつの目的として、いま埋もれてしまっている世の中の教師たちの自作教材を最大限に教育シーンに活かし還元していくという狙いがあります。優秀な各々の教師が教育現場で踠き葛藤しながら生み出した教育論や教材は教育界の財産であり宝です。そういった教育の価値ある産物を継ぎ残していくこと、さらに生徒や保護者もしくは他の教師、誰しもが望めば手が届く状態にしておくことが、今の時代に教育に携わる大人たちの責務だと感じています。

タイトルとURLをコピーしました